今更702NKな週末

702NK、Nokia E60、X01T、X06HT/HTC Desire、201M/RAZR Mを扱うブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Nokia 6630 発売

Nokia 6630がとうとう発売される。
Nokia6630

何を今更、と思ってやいませんか?
これは702NKじゃなくて、6630なんですよ。
スタンダードバージョンが発売されると702NK発売前から言っていたけど、それがとうとう発売されるというわけ。

っつーことで、まずは これ を見てみよう。

とにかく凄いところは、NTTドコモとしても、ボーダフォンとしても使えるところだろう。
つまりSIMカードを入れ替えればドコモにもなるしVodafoneにもなる。
6630を買って持っているSIMカードを入れるだけですぐ使える(と思う)。
ドコモもVodafoneもどちらも持っている人は、その日の気分で入れ替えれば・・・。
ちなみにSIMカードに電話番号が紐づいているので、SIMカードを入れ替えればある日はVodafoneの番号でVodafone機、ある日はドコモの番号でドコモ機になるってこと。
すげ~!!!

ちなみに、iモード®とかボーダフォンライブ!には対応していないそうだから要注意だ。
筆者はVodafoneしか(厳密にはDDIポケットも)使ったことないからよくわからんが、ドコモはiモード利用できないとメールとかどうすんの?
ショートメールとかっていうやつ使えってか?

スポンサーサイト
  1. 2006/05/31(水) 19:49:42|
  2. 本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年秋以降に発売予定の新機種

804NK(N71)の記事と時期を同じくして、E60とE61の投入も発表になりました。
たとえばここの記事とか。

ちまたのブログではE61の記事をよく見ますね。
#個人的にはE60に期待しています。

702NKと比べてみた特徴を言うと・・・
 ○ 無線LAN対応(IEEE 802.11b/g)
 ○ カメラ無し(!)
 ○ ビジネス向け端末として投入

なんすか?ビジネス向け端末って。
法人契約しかできないんですか?
と思ったけどボーダフォン(SBM?)では個人契約もできるのかな?


スペックシートから気になる個別の機能を調べてみよう。

■E60
 □Compatible with Nokia Wireless Keyboard SU-8W
 □352 x 416 pixels
 □Expandable memory: 64 MB Reduced Size Dual Voltage (1.8/3V) MultiMediaCard (MMC)
 □Instant Messaging無し
 □Talk time (estimated): GSM up to 3.3- 6.4 h, WCDMA up to 2.5-2.7 h
 □11,5 cm x 4,9 cm x 1,69 cm
 □117 g

■E61
 □Full keyboard
 □320 x 240 pixels
 □Expandable memory: 64 MB hot swappable miniSD card
 □Instant Messaging有り
 □Talk time: GSM up to 4.3-9.5 h, WCDMA up to 2.2-5.0 h
 □11,7 cm x 7,0 cm x 1,4 cm
 □144 g


ええっ!?
E61の方が解像度が低いの???
しかもminiSDカードって何よ?
何故RS-MMCから離れていくの・・・。
せめてmicroSDにすべきだったんじゃ?


比べてみるとわかること。
それは、E60の方が高スペックなんでねーの?ということ。

RS-MMCだから702NKの資産が使える!
E60の方が画面の解像度が高い!
キーボードは要らないんじゃないかなぁ・・・(負け惜しみ)
Instant Messagingって何??


でもこいつらにはカメラが無い。
だけどQRコードも読めない(※読めないくらいピンボケする)カメラなんぞ要らんわ!!


おあとがよろしいようで。



※ご存知のとおり全て個人的な感想です。
  1. 2006/05/25(木) 12:48:36|
  2. 本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2006年 夏の新機種発表

5/18にVodafoneの夏の新機種が発表されました。

週末は色々なニュースサイトで記事になってましたね。
例えばこれとか。

Nokia携帯としては804NK(N71)が出るようです。
7月中旬以降発売予定。
折りたたみ式で、メイン画面が320x240ドット。大きくなってます。
メモリカードはminiSDカード。RS-MMCじゃなくなったのかー。 orz
Bluetoothはもちろん搭載。さらに赤外線も加わりました。もしかして他の携帯と赤外線通信で電話番号の交換も可能??
FMラジオ付きってのも微妙にうれしいですね。たまにラジオ聞きたくなるときってあるからね。

Symbian OS(S60v3)を搭載してるから超勝手アプリも引き続きサポートしているとうれしい端末です。

個人的に一番気になるBluetoothですが・・・・
Nokiaのサイトスペックシートを見ると、BPP(Basic Printing Profile)とHID(Human Interface Profile)にしか対応していないっぽいですね。
A2DPじゃないからデフォルトでのステレオリスニングは無理っぽい。
これには激しく残念。


だいぶ日本ユーザーを意識したデザインになってると思います。
でも二つ折りにしたのは媚び過ぎじゃなかろうか。
今更ストレート携帯というところが日本っぽくなくてよかったのになぁと思ったり・・・・。
  1. 2006/05/24(水) 20:22:19|
  2. 本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BluetoothドングルとBlueSoleil

702NKはBluetoothがついているのがすごい。
発売当時の国内の携帯は赤外線は多かったけどBluetoothってのは他にあったのかなぁ。
合コンとかで番号交換するときにみんなは赤外線で通信してるのに俺だけ「ゴメン、これ赤外線ないから・・・」と言ったのは哀しかった・・・。

以前使用していたPCはデフォルトでBluetoothがついていたのだが、今使っているPCにはBluetoothがついてない。
Bluetooth接続は非常によい。
ケーブルが無いのは快適だ。
いちいちケーブルで繋がなくてもいいので、携帯本体とPCがあればよいのだ。
一度使うともう有線には戻れないっす。

というわけで、USB接続のBluetoothドングルを購入して702NKとPCをBluetoothで接続することにした。
ケーブルは要らないけど代わりにドングルが必要になっちゃうんだよなぁ・・・。

気を取り直して、Bluetoothドングルを某オークションにて購入。
届いたのはこちらの商品。
BluetoothDongle_001 BluetoothDongle_002

ドングル様。
これで快適な無線生活復活なるか!?
BluetoothDongle_004


付属のCD。ドライバと接続ソフトが入ってる。
BluetoothDongle_003

接続ソフトはBlueSoleilという。
いろいろなメーカのBluetoothデバイスで使われてるっぽいね。

インストールして、PC Suiteで接続して・・・・

んんんん??????
繋がらない???

おかしいなぁ。

というわけで、次回は接続設定を探る旅です。
  1. 2006/05/20(土) 20:33:08|
  2. Bluetooth
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

vNes

702NKに必須な10のアプリ
その3 vNes


vNesについては言わなくともわかるであろう。
キングオブエミュon702NK(と勝手に思ってる)だ。

■購入、レジスト
my-symbian.comによると、
vNesのバージョンはv1.52、金額は9.90USDまたは9.29EUR。(2006/05/15現在)

本日(2006/05/15)の為替を見ると、USDは1ドルおよそ110円、EURは1ユーロおよそ141円だ。
 110 * 9.90 = 1089円
 141 * 9.29 = 1309円
やはりUSDで買うのがお得のようだ。

購入するとメールが送られてくるが、その中に作者からのメッセージがある。以下メールより抜粋。

*************************************

DEVELOPER MESSAGE

Developer of vNes Symbian:
After purchase, activate your product at http://vampent.com/activate.php
-------------------------------------

ということで、http://vampent.com/activate.phpへ行ってみる。

「15桁のIMEIコードを入れてくれ」といわれるので入力する。
「茶でもしばいてな」と言われたら、しばらくたってからもう一度トライしてみよう。

画面が変わってレジストキーが表示される。
これをvNesのActivateで入力すればActivate完了。
vNes_scr001 vNes_scr002


■設定とか
まずやることはキーコンフィグだろう。
デフォルトは
 左ソフトボタン→Aボタン
 右ソフトボタン→Bボタン
 決定ボタン  →スタートボタン
であるため、非常に使いづらい。
Bダッシュからジャンプなんて手が3本ないとできないし、力が入って十字キーを押してしまうとポーズがかかってしまう。

というわけで個人的にオススメな設定はコレ。
GamePad_008-1
GamePad_008-2
GamePad_008-3

RPGをプレイする場合はスピードは90fpsとか120fpsとかがよい。
歩くのも早くなるし、時間短縮になる。
ただし、しばらくプレイしていると動きがカクカクしてくる場合がある。
そんなときはセーブすると直るので、こまめにセーブするとよいだろう。

画面サイズはデフォルトが一番よい気がする。
RPGの場合は文字がみにくいけど、そこは気合でカバー。
3と8がたまにわからなくなる・・・。

音は文句なし。
あのピロピロという音が携帯から聞こえるともう懐かしすぎ。

Bluetoothリンク機能は、まわりに使える人がいないので確認してません。
いつかやってみたい。

とまぁこんな感じかな。
  1. 2006/05/15(月) 21:10:03|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TaskSpy

702NKに必須な10のアプリ
その2 TaskSpy


■TaskSpyとは
TaskSpyはタスク管理をするアプリ。
主な機能は以下だろう。
- タスクkill機能
- メモリ圧縮機能
- アプリケーションの起動
- CPU使用率の確認
 (他にもあるだろうけどまぁこんなもん)

■ダウンロード
ダウンロードはこちらなどからどうぞ。
筆者の702NKにインストールしているのはv0.96。

■インストール
これをインストール。
筆者はこのようなシステム系アプリは本体メモリにインストールするようにしている。

■メイン画面
メイン画面はTasks,Processes,Threads,Applications,Systemの5種類。

Tasks画面。現在稼働しているタスクと使用しているメモリが表示される。
TaskSpy_scr001

Processes画面。現在稼働しているプロセス名を表示。
TaskSpy_scr002

Threads画面。現在のスレッドを表示。1プロセスで複数スレッドを稼働させるのでスレッドは非常に多い。
TaskSpy_scr003

Applications画面。ここからショートカット的にアプリケーションを起動することができる。まず使わない機能。
TaskSpy_scr004

System画面。CPU使用率とメモリ使用量が監視できる。
右ソフトボタンで監視開始。
いろいろとアプリを起動して状況を確認。
右ソフトボタンで監視終了。
TaskSpy_scr005 TaskSpy_scr006


■オプションメニュー
左ソフトボタンでオプションを選択可能。

Taskオプションのサブメニュー。
Closeでタスクを終了。ショートカットはクリアキー。
Killでタスクの強制終了可能。
TaskSpy_scr007

Show detailsでタスクの詳細情報が見られる。
TaskSpy_scr013


Toolsオプションのサブメニュー。
Compress memoryでメモリの圧縮。不要なメモリを解放して空き領域を増やす。本体メモリが不足している時に使おう。
Close All Tasksは全てのタスクをCloseする。全てと言っても電話とTaskSpy以外のタスクが対象だ。
Restart deviceで本体の再起動。電源ボタンを使わなくてよい。と思ったら起動せずにNOKIAロゴのままフリーズ・・・。。。。orz
TaskSpy_scr008


Miscオプションのサブメニュー。
PreferenceとAbout。
TaskSpy_scr009

Preferenceのさらに以下の3種類のメニューがある。
TaskSpy_scr010 TaskSpy_scr011 TaskSpy_scr012


  1. 2006/05/14(日) 23:21:13|
  2. アプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大容量RS-MMCを使おう

付属のメモリじゃ物足りなく、1GBのメモリを買いました。

■702NK付属のRS-MMC
702NKにはRS-MMCがオマケとして付属してくる。
「試供品」という位置づけだったけど「?」な感じだったなぁ。保証外ってことか?

RSMMC32MB_01

付属のアダプタをつけるとこんな感じ。
RSMMC32MB_03

容量は32MB。(702NKIIだと64MBだが。)
で、音楽を聴くようになると32MBなんてあっというま。
足りない足りない。

そこで大容量のメモリを購入した。

■昔のRS-MMCのこと
そもそも702NKが発売された2004年末(2005年はじめだったっけ?)には128MBのRS-MMCが出るとか出ないとかいうような時代だったなぁ。
eXpansysで販売してたけど128MBが当時5000円くらいだったかなぁ。

時代は変わったもんだ。
今は1GBが4000円しないんだなぁ・・・。(2006/05/13現在)

■RS-MMCの注意事項
しかしここで要注意。
702NKで使用するRS-MMCはDVである必要がある。あちこちのサイトで色々書かれてるから、ここ見てる人はそんなのガイシュツと思ってることだろう。

念のため用語を超簡単に説明しよう。
MMCはMulti Media Cardの略。
RSはReduced Sizeのこと。
つまり通常のMMCよりも大きさを小さくしたものがRS-MMC。
アダプタをつけると通常のMMCとしても使用可能。
DVはDual Voltageのこと。
通常のMMCは電圧3.0Vで稼働するけど、DVは電圧1.8Vでも稼働できるのが特徴。
702NKは1.8Vらしい。電圧が低いと稼働時間も長くできる。


■購入
さて、筆者は某オークションで購入。
2006年1月の購入したのだが、1GBが送料込みで1万円弱。
今はもっと安いのよね・・・・orz
RSMMC1GB_01
台湾のNeotrend Technologyという会社の製品らしいのだが・・・HP無いのかな。見つからないっす。


■ピン数
ブログやmixiで話題になるのはピン数と速度の話。
というわけで裏を撮ってみた。

702NK付属の32MB。7ピンだ。
RSMMC32MB_02

購入した1GB。13ピンだ。
RSMMC1GB_02

13ピンだと高速らしい。
らしいが、あまり体感してないなぁ。
32MBは今はもう使ってないから分からないだけかなぁ。

そもそも13ピンの写真を拡大するとわかると思うけど、中央の7ピンの他に両端の1ピンずつの計9ピンは接触の跡が残ってるけど、中央手前の4ピンは無傷だ。
このメモリは702NKでしか使ってないけど、702NKはどうやら13ピンを活用しきれてないみたい。
両端のピンはグランド?支え?なんだろうなぁ。


■RS-MMCの感想
実際に使用してみてどうかというと・・・はっきりいってすばらしいですなコリャ。

MP3がたくさん持ち歩ける!
OggPlayやBlueBAND+BluePlayerで音楽を聴いてる筆者にとって、MP3がたくさ~ん入るというのはとっても魅力的!

写真がいっぱい撮れる!
702NKの写真はサイズが大きい。動画も撮りたい。そんなときに1GBあるとたくさん保存できる。
それにブラウザで開いた画像を保存しようとしても、メモリが足りないと保存中のまま反応が返ってこないことがよくあった。ファイルを削除してメモリの空き容量を増やしたら大丈夫になったけど、1GBにしてからはそんな心配なくなりました。

テーマ入れ放題!
テーマだって色々入れられる。そのときそのときで好きなテーマに変更しよう!

ゲームやり放題!
超勝手アプリも入れ放題。好きなゲームをじゃんじゃん入れて持ち運ぼう。もちろんエミュレータもデータも入れ放題だからもう携帯ゲーム機としても大活躍だ!

■現在
現在のメモリ使用状況・・・960MB。
そろそろ2GBのメモリを探すか・・・?
orz
  1. 2006/05/13(土) 22:07:58|
  2. 本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FExplorer

702NKに必須な10のアプリ
その1 FExplorer



言わずと知れた定番ファイラー。
これを入れていない702NKユーザーはもぐりかと。
余談だが最近ファイラーという言葉はあまり使わないのだろうか。
FDとかよく使ってたなぁ。


■今回お世話になるサイト
FExplorerのサイト(www.gosymbian.com)

まずは最新版をDownload。
これを書いてる時点ではv1.15が最新。(2006/05/12)
English versionを落として、HalWinで展開してインストール。

以前、v1.11を使っていた。
- v1.11とはアイコンが違う。(個人的にはv1.11のアイコンが好き)
- ルートで更に左を押すをプロパティが見れた。(今は何も起こらない)
というような違いがあった。

■FExplorerの用途
1.スクリーンショットを撮影する
このブログでも使用しているが、スクリーンショット(画面キャプチャ)をとることができる。
オプション→Tools→Turn ScreenShot ON
セーブするファイル名のPrefixを決定する。デフォルトは「FEscr」。この後ろに001から連番で番号がつけられる。
スクリーンショットの取り方の説明文。「FExplorer switching to background, press "ABC"+"0" to capture. The files will be saved in 'C:\Nokia\IMAGES\FE_img\'」
ここで間違ってはいけないのだが、説明どおりにABC(数字の2)と0(数字の0)を押してもスクリーンショットはとれない。Shiftキー(鉛筆マーク)と0(数字の0)を押すのが正解なので要注意。

2.フォントを削除する
フォントの削除の前にはC:\System\FontsディレクトリをFonts→Fontsoldなどにリネームする必要がある。

3.アプリをインストールする
702NKIIに付属のNokia PC Suiteや、現在NokiaのサイトからDLできるNokia PC Suiteでは、Cドライブ(携帯本体メモリ)へはインストールできない。
そのため、Eドライブ(メモリカード)の任意のディレクトリへ一度転送し、そこからC:\system以下のディレクトリへ移動してアプリをインストールする。
非常に面倒。702NKの人は付属のPC Suiteを使うべし。(702NKでも時期によっては新バージョンのソフトが付いてきてる?)

4.systemディレクトリを見る
systemディレクトリはPC Suiteでは見えないようにできている。(702NK初期のものでも)
どうしても見たい場合はFExplorerを使って中身を見る。

5.メモリを圧縮する
702NKはメモリ不足に悩まされがちだ。(702NKIIは702NKよりメモリが少ないらしいので更に悩まされるのだろう)
FExplorerを使えば、使用していないメモリを解放して使用可能領域を広げることが可能である。
Java風に言えばガベージコレクション。ホスト風に言えばProgramCompress。

6.携帯電話の再起動
この記事を書くために初めて使った。
携帯の電源OFF→電源ONをやってくれる。
電源ボタンでOFF→ONするより素早く再起動が可能らしい。
Windowsで言えば「再起動」である。
Linuxで言えばshutdown -r now。
#なんかうまく再起動してくれないんですが・・・。NOKIAのロゴのまま固まっちまったよ。しょうがないから電池抜きの刑に処す。


などなど、そういう用途に使えるわけだ。
結局のところ筆者は1しか使ってないわけだが。。。。
  1. 2006/05/12(金) 23:17:56|
  2. アプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

テーマの変更

次はテーマを変更する。
「テーマとは何ぞや」という話をするつもりはない。


Step1. テーマをダウンロードする
まずはテーマを提供しているサイトから気に入ったテーマを探す。
だいたいみんな行き着く先は同じ。


■Zedge

    DLにはユーザー登録が必要

■phoneyworld.com


■mobile9

    1DLあたり4credit必要だが今日に限り無限に落とせると言われる。なんじゃそら。


Step2. sisファイルを展開する
sisファイルはそのままでは携帯にインストールできない。
インストールについてはこちらの記事の アプリのインストール を参照のこと。


Step3. インストールする
テーマのインストールは本体にすることをお勧めする。
RS-MMCにインストールすると何が起こるか。
RS-MMC内のテーマを選択した状態で本体からRS-MMCを取り出そうとすると変なことが起きる。
以前一度やってしまったのだが、カードスロットの蓋を開けた時点でRS-MMCにアクセスできなくなるので、その後どんなテーマが選択されるかわからない。


Step4. テーマを選択する

メニュー⇒ツール⇒テーマ
好きなテーマを選んで適用。



テーマを適用した例はこんな感じ。
(※フォントは入れ替え済み)
WindowsMobile_001 WindowsMobile_002




ちなみにデフォルトのテーマだとこうなる。
(※フォントは入れ替え済み)
Font_Shnm_001 Font_Shnm_002

  1. 2006/05/09(火) 22:59:21|
  2. 本体
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アプリのインストール HalWin

702NKにアプリをインストールするには・・・

1.アプリのパッケージであるsisファイルを入手する
2.sisファイルを展開する
3.PC Suiteで転送する

 という手続きをふむこととなる。


■sisファイルの入手
sisファイルは色々なサイトから入手できるが、筆者のお気に入りは以下のサイト。
ここからsisファイルを入手しよう!

Nokia Software
  有料でも欲しいものは欲しい。
my-symbian.com
  なぜか現在403エラー。。。(2005/05/04)
  アクセスできるようになりました。(2006/05/09)
GameMobile.co.uk
  フリーも多し。ゲーム、壁紙いろいろあります。
epocware
  こちらもフリーソフトなど。
SymbianGear.com
  フリーソフトなど。ここはあまり使ってないので。


■sisファイルの展開
sisファイルの展開でお世話になるのがHalWinというソフトだ。
このblogを見る人は、その前に超有名サイト覚書を既に見ていると思うので詳しい説明は割愛。
sisの展開ソフトには大きく分けると、unsisとHalWinの2種類があって、筆者はHalWinを使用している。
HalWinで展開するとinstallディレクトリを作成してインストール情報を格納してくれるため、アプリケーションから削除できるのが個人的にはスキだ。

■PC Suiteで転送
PC Suiteで転送する。
最新バージョン(v6.7とか)だとCドライブへは転送できないらしいが、筆者の持っている702NKに付属のv6.4.8だとCドライブにも転送できる。
Eドライブ(RS-MMCカード)に入れたい場合と、Cドライブ(本体)に入れたい場合があるので、Cドライブに転送できるバージョンは貴重かと。

Cドライブ/Eドライブ直下にsystemフォルダをドラッグ&ドロップなどでコピーする。
コピーが終わるときにエラーが出るけど気にしない。systemフォルダが表示できないためだというウワサ。確かにそれが原因っぽい。ちゃんと転送はできているから大丈夫。


とい感じでジャンジャン転送して色々遊びましょう。



最後にHalWinのサイトをご紹介。
いつもお世話になっております。
HalWinのサイト


  1. 2006/05/04(木) 23:57:27|
  2. アプリ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。